己龍/ Royz/ コドモドラゴン/ 零[Hz](ゼロヘルツ)/ BabyKingdomなど、ヴィジュアル系バンドらを擁するレーベルB.P.RECORDS。各バンドの支持はもちろん、レーベルとしても「ここに所属するバンドなら間違いない」と、”レーベル推し”する人たちが多いことでもヴィジュアルシーンでは知られている。

ヴィジュアルシーンの場合、今でもCDニーズが高い理由からか、盤に需要を置いている。そんな中、B.P.RECORDSは世の中の音楽シーンに習い、早い時期から楽曲配信もCD盤の発売と並行し積極的に実施。己龍が配信チャートのトップ10を独占したことが話題になるなど、配信活動にも力を注いできた。

時代は今、サブスクリプションサービスへと移行。その時代の歩幅に合わせるように、B.P.RECORDSも元号が令和に変わる5月1日より楽曲のストリーミング配信事業にも参加する。嬉しいのが、これまでにB.P.RECORDSが制作した「全楽曲(414曲)」を一気に配信すること。己龍/ Royz/ コドモドラゴン/ 零[Hz]/ BabyKingdomのB.P.RECORDSからリリースした全楽曲はもちろん、過去にLONDBOYが発売した、今やなかなか手に入らないレア音源を聞くことが出来る (BabyKingdom「#令和 KAWAKIRI-GATE」のみ5/22(水)解禁)。

己龍/ Royz/ コドモドラゴンに関しても、今や入手困難な楽曲も多いように、ストリーミング配信を通してレア音源に触れられるのも嬉しいこと。

令和の始まりと共に(5月1日より)、ストリーミング配信も解禁するB.P.RECORDS。もちろん、これから形になる作品たちも次々配信になる予定だ。各バンドの魅力や歩みに触れる意味でも、ぜひストリーミング配信を通し、B.P.RECORDSの収蔵した音源たちに触れていただきたい。

配信サービスは下記にて行われる。この機会に、四六時中B.P.RECORDSの音楽のシャワーを浴びまくってみるのは如何だろうか。

Apple Music
Amazon Music
AWA
KKBOX
Google Play Music
Spotify 
YouTube Music
LINE MUSIC
RecMusic
dヒッツ
replay
OTORAKU
うたパス

TEXT:長澤智典

関連キーワード