3月10日、神奈川県・横浜アリーナにて、ロックバンド・シドの15周年アニバーサリー・イヤーを締めくくるライブ、「SID 15th Anniversary GRAND FINAL at 横浜アリーナ~その未来へ~」が開催された。

オープニング映像は時間を移動する飛空艇が、シドの結成された2003年、そして2011年へと移動していき、ライブはスタート。そして飛空艇の乗組員を思わせるミリタリー風の衣装をまとった4人がステージに登場。始まったのは「NO LDK」だ。この曲は『dead stock TOUR 2011』の1曲目に演奏されていたナンバーだ。そう、2011年3月、このツアーでの横浜アリーナ公演が予定されていたものの、東日本大震災の影響を受けて、開催が叶わなかったという経緯がある。MCでゆうや(Dr)も「どれだけこの光景を見たかったか」と語ったように、この日は8年越しの想いを遂げるためのライブでもあるのだ。続いて「ANNIVERSARY」、「V.I.P」で序盤からキラーチューンで盛り上げていく。

「今日は“大打ち上げ”だ!」と気合い十分の明希(Ba)、最近はラーメン愛好家としても知られるShinjiが「シドも太くて長い(ラーメンのような)バンド活動をしていきたい」と語り、そして「シドの15年を詰め込んだ」というマオ(Vo)の言葉通り、インディーズ時代のシングルである「ホソイコエ」や、メジャーデビュー曲の「モノクロのキス」、ライブの定番曲の「眩暈」など、シドがこれまでファンと共に歩んできた道、そしてそこで結ばれた絆を感じる、この日ならではのセットリストで会場を大いに湧かせた。

そしてアンコールでは、インディーズ時代の名曲「空の便箋、空への手紙」をしっとりと歌い上げ、「循環」や「one way」で盛り上げていく。様々な想いがつもったライブも佳境をむかえ、MC中に涙を堪えきれないマオの姿に、思わずもらい泣きする者の姿もみられた。会場のファン一人ひとりと心を通わせていったこの日、最後はシドというバンドの“これから”を予感させる「その未来へ」を届け、幸せな余韻を残したままライブは締めくくられた。

この公演は、5月12日(日)にWOWOWにて独占放送されるが、番組サイトでは「ハナビラ」、「dummy」などをライブダイジェストとして先行公開中なのでぜひチェックしてほしい。

WOWOWオンエア情報

シド「SID 15th Anniversary GRAND FINAL at 横浜アリーナ~その未来へ~」
5月12日(日)夜9:30
[WOWOWライブ]
番組サイトはこちらから
ライブダイジェスト公開中!
(V.I.P/モノクロのキス/ハナビラ/dummy/眩暈/その未来へ)

【WOWOWご加入者限定】
抽選で5名様にメンバー全員のサイン入りオフィシャルライブグッズをプレゼント!詳細は番組サイトへ。

関連キーワード