HYDEが5月2日、上海にて<ACOUSTIC CONCERT TOUR 2018 -黑ミサ ASIA->の初日公演を開催した。HYDEの“黑ミサ”は、もともと冬の北海道・富良野でひそやかに開催される、アコースティックなファンクラブイベントである。その特別編が、昨年12月23日および24日の2日間、千葉・幕張メッセ国際展示場4・5・6ホールにて開催されたことも記憶に新しい。

それから約半年後の開催となる<-黑ミサ ASIA->は、タイトルが示す通り、上海、北京、香港、クアラルンプール、台北と、5ヵ所6公演の規模で行われるアジアツアーとなる。

初日公演の会場は上海Luwan Gymnasium (上海卢湾体育馆)。開場の遙か前からできていたオフィシャルグッズ販売の長蛇の列は本番ギリギリまで途切れることなく続き、現地の熱量の高さをまざまざと感じさせてくれる。

上海公演は、VAMPSとしてもL’Arc-en-Cielとしても開催経験があり、HYDEの存在は現地に広く知られているが、HYDE単独名義では初。会場には、満員の3000人が訪れ、開演前から熱烈歓迎ムードこの上ない。

そして、ライブは「WHITE SONG」からスタートした。HYDEを中心に、9人編成によるオーケストレーションは荘厳にして濃厚。開演前から既にライブが始まっていたかのような歓声は、その一音が鳴らされる前にピタリと止み、HYDEの歌声と奏でられる流麗なサウンドに身を任せる姿が印象的な光景となった。

ツアーはまだ始まったばかりゆえ、演奏曲の詳細をここで明らかにはしないが、2017年末の幕張メッセ公演をモチーフとしたセットリストは、ピアノの調べや弦楽奏がフィーチャーされたもの。

HYDEの儚くも力強い歌声が場内に響き渡り、ソロ曲を核に、VAMPSの「VAMPIRE’S LOVE」、L’Arc-en-Cielの「HONEY」や「flower」といったナンバーの数々がオーケストラアレンジで展開されていく。その途中では北京語による挨拶も披露。現地ファンとのダイレクトなコミュニケーションがライブをより濃密なものにしていくワンシーンもあった。

ステージ上のHYDEは時に激しく時に麗らかなパフォーマンスをみせ、最高潮を迎え続けた中で、上海公演が終了した。名残惜しいファンが最後までスタンディングオベーションでHYDEの名前を叫び、すべてを出し切った爽快感と初日公演大成功の充実感を抱えながら、HYDEはステージを後にした。

<ACOUSTIC CONCERT TOUR 2018 -黑ミサ ASIA->は、5月3日に上海2日目、5月6日に北京、5月9日に香港、5月12日にクアラルンプール、5月14日に台北で開催されるほか、日本では<HYDE LIVE 2018>と題したツアーが、6月29日のZEPP TOKYOを皮切りに5都市18公演の規模で行われる予定だ。

関連リンク


関連キーワード